DICTIONARY
用語集
DICTIONARY

用語集

橈骨遠位端骨折

転倒して手をついたときに起こる手首の骨折。

 

前腕には2本の骨(橈骨と尺骨)があり、橈骨が折れて、手首に強い痛みと腫れ、変形が見られる。

 

前腕のもう1本の骨である尺骨の先端や、その手前の部分が同時に折れることもある。

 

特に骨粗鬆症のある高齢者などに起こりやすく、手のつき方、骨折線の入り方によってさまざまなタイプに分類される。