腸脛靭帯炎
(ランナー膝)
全身バランス矯正で根本改善へ!

腸脛靭帯炎(ランナー膝)でも沢山の喜びの声、ありがとうございます!

喜びの声

お喜びの声はこちら


さとう接骨院はお客様の口コミと紹介で成り立っています。腸脛靭帯炎(ランナー膝)をはじめ、特に腰痛・姿勢矯正で来院される方に評判の整体院・整骨院です。

 

お電話でのご予約・お問い合わせ

022-343-5542

022-343-5542

9:00~13:00 / 15:00~19:00

日・月曜日定休(不定休あり)予約優先制

宮城県仙台市泉区南光台3丁目19-23コーポ展1階

仙台市泉区の整骨院・整体 さとう接骨院

新型コロナ対策はこちら

あなたの症状は?

こんな方が来院しています
  • ランニングで膝の「外側」に痛みが出てくる

  • 膝の曲げ伸ばし、階段の昇り降りが辛い

  • 整形外科では安静、湿布、薬だけ

  • レントゲンで異常なし。ランナー膝といわれた

  • マッサージ、電気、ストレッチで改善しない

  • パフォーマンスを上げたい

同じような症状の人はいましたか?

もし上記と同じ悩みを抱えている、

1つでもチェックがあり本気で良くなりたいなら…

 

このまま読み進めて下さい。

きっとあなたのお役に立つ内容が含まれています。

仙台市泉区のさとう接骨院があなたの痛みの最後の砦になります

初めに

仙台市泉区の整骨院・整体 さとう接骨院なら、腸脛靭帯炎(ランナー膝)により日々辛い思いをしているあなたのお悩みを解決することができます。

 

今は少し歩くと整骨院・整体が沢山あります。
しかし、どの院に行けばあなたの悩みが解決されるのか分からないのが現状ではないでしょうか。

同じような痛みや痺れでも、原因は千差万別。
人それぞれの原因があります。
私は、利用者様に寄り添い、しっかりと正面から向き合います。

そして、どんな症状でも諦めずにしっかり痛みを根本改善させてまいります。

腸脛靭帯炎とは?

腸脛靭帯炎の概要

「腸脛靭帯炎」(ちょうけいじんたいえん)とは、主に長時間のランニングを行うと膝の外側が痛くなってくる疾患で、腸脛靭帯で炎症を生じ痛みを感じるものをいいます。

必ずしもランニングに限定されませんが、ランニング動作でよく生じるため「ランナー膝」とも呼ばれます。

一般的に腸脛靱帯炎はオーバーユース症候群であり、「使いすぎ」が原因だと説明されています。

腸脛靭帯とは?

この腸脛靭帯について、馴染みがないと思われますのでまずは解説していきます。

腸脛靭帯はおしりの筋肉「大殿筋」(だいでんきん)と「大腿筋膜張筋」(だいたいきんまくちょうきん)から始まり、脛骨(けいこつ、スネの骨)の前外側にある膨らみ「Gerdy結節」(がーでぃーけっせつ)に繋がっています。

これらおしりの筋肉は股関節を外に開く「外転」作用があり、腸脛靭帯はこの筋肉の力を脛骨に伝えます。

ランニング動作では足は地面についているので、上半身が傾かないように支える役割をします。

腸脛靭帯炎の症状

・運動中、運動後に膝の外側に痛みを感じる

・ある程度の距離を走ると痛みを生じる

・主に下り坂を走る時に痛みが増す

・足(膝)を曲げた状態から伸ばす時に痛みを生じる

 

初期は運動中(特に膝を踏み込んだ時)や運動後に痛みを感じますが、安静にしていると痛みが消えます。

しかし症状が悪化すると、歩行時や安静時にも膝の外側に痛みを感じるようになります。

腸脛靭帯炎の痛みの原因

一般的には腸脛靭帯が大腿骨外側上顆(だいたいこつがいそくじょうか)と擦れることにより生じる炎症と、その間にある滑液包の炎症だと説明されています。

腸脛靭帯は膝が伸びた状態だと大腿骨外側上顆の前方にあり、膝を30度曲げる頃からは大腿骨外側上顆の後方に位置します。

このため、膝30度屈曲位付近では腸脛靭帯と大腿骨外側上顆の間で摩擦が生じやすくなります。

この摩擦が生じやすい角度を「impingement zone」(インピンジメントゾーン)と言います。

早いスピードのランニングでは接地時の膝屈曲角度がより深くなりimpingement zoneを超えているため、腸脛靭帯の摩擦は少なくなります。そのため腸脛靭帯炎にはなりにくくなります。

逆に下り坂、ジョギング、不整地、雨の日のランニングだと、スピードが遅くなり接地時の膝屈曲角度が浅くなるので多発すると考えられています。

また、腸脛靭帯炎のある人でも膝を伸ばしたまま歩くと、impingement zoneに入らないため痛みが軽かったりします。

腸脛靭帯炎になりやすい人

腸脛靭帯へのストレスが強くかかる以下の人はなりやすいと言われています。

 

・陸上競技者、主に長距離(マラソン)ランナー

・膝に繰返し負荷のかかる動作を行っている人(自転車、スキー、登山、バレーボールなど)

・ランニング初心者や、足の筋力が弱い人、筋肉が硬い人

・O脚(内反変形)などで体重が外側にかかりやすい人


他にもトレーニングの問題として、走行距離やスピードの急激な増加、靴の変更、地形路面の問題としては傾斜のある道路、下り坂での練習。

さらに柔軟性不足(ウォームアップ不足)、休養不足、硬い路面や硬いシューズなど、さまざまな要因があると言われています。

腸脛靭帯炎の検査・テスト法

レントゲン、MRIでは特徴的な所見がみられないことが多いです。

そのため症状を誘発する検査として「grasping test」(グラスピングテスト)が有用です


grasping tes

膝を90°曲げた状態から、大腿骨外側上顆と腸脛靭帯の接触部(膝のすぐ上、太ももをギュッと握ればOK)を押さえ、膝を伸ばしていった際に痛みが出るか試してみて下さい。


他にも超音波検査で膝周辺の腱や靭帯に損傷や炎症が無いか確認したり、MRIで腸脛靭帯やその他痛みの原因の可能性(外側半月板損傷や鵞足炎など)を確認します。

腸脛靭帯炎への一般的な治療法

一般的な病院、接骨院での治療の流れを紹介します。

保存療法が基本で、第1に局所の安静、つまりランニングを休止します。

次に、大腿筋膜張筋など股関節外側を主としたストレッチの強化やアイシングを徹底しながら、痛み止めや超音波などの物理療法が行われています。

いったん症状が出現すると簡単には消失しないので、発症初期の決断、適切な休養期間が大切です。

手術治療は報告例がありますが、あまり一般的ではありません。

 

1) 急性期(痛みの強い時期)

局所の安静、過剰負荷の除去、冷却などにより患部の炎症を取り去ることがまず必要です。

 

安静にしても痛い、歩くだけでも痛いときは湿布や痛み止めを使います。

急性期には腸脛靭帯と外側上顆の間にある滑液包にステロイド注射を行うこともありますが、副作用もあるので漫然と使う事はできません。

 

2)亜急性期(痛みが収まってきたら)

ストレッチングにより、緊張が増加した腸脛靭帯の柔軟性を出していきます。

 

3) 回復期(復帰に向けて)

痛みがでない範囲で筋力訓練を始めていきます。

特に股関節外側の安定筋群と股関節外転筋群の強化が重要です。

 

痛みがなく筋力訓練ができるようになったらランニングを始めていきます。

腸脛靭帯炎への特殊な治療法

治り難い状態の場合には筋膜切開、腸脛靭帯延長術、大腿骨外側上顆隆起切除術などの手術治療を行うこともあります。

最近ではPRP療法 / PFC-FD療法や体外衝撃波療法も選択されています。

 

<PRP療法 / PFC-FD療法>

患者様ご自身の血液中に含まれる血小板を利用した再生医療。

 

<体外衝撃波療法>

衝撃波を患部(膝)に照射することで除痛効果と組織再生が期待できる新しい治療法。

ここまでやっても治らないのはなぜか?

ここまで一般的な病院、整体・整骨院で行われている治療法と、特殊な治療法も説明しました。

ですが実際は、痛みが改善しない方、また、一時的には改善しても再び症状が現れる方が沢山います。

それはなぜでしょうか?

結局のところ、現在国内で主流の治療法は「対症療法」に過ぎないからです。

注射、マッサージ、ストレッチ、アイシング、物理療法。

どれも痛みが起きている場所への対処で、「どうして過剰なストレスが腸脛靭帯にかかる走り方になるのか?」という根本原因にはアプローチしていないのです。

腸脛靭帯炎の根本原因

腸脛靭帯炎を含めたランナー膝などの下肢障害、実はすでに根本原因が分かっています。


1.足首の歪み(距骨下関節のオーバープロネーション)

2.ふくらはぎが硬い(足関節の背屈制限)

3.走行中膝が内に入る動かし方(ニーイン)


この3つを解決すれば、あなたの腸脛靭帯炎も改善に向かいます。

これは私が一人で言っているのではなく、100年以上の歴史を誇る海外の「足病医」(※)にとっては常識です。

 

特に腸脛靭帯炎ではニーインの改善が重要です。

ある調査では腸脛靭帯炎患者の100%が走行中にニーインしていたそうで、「O脚だと腸脛靭帯炎になりやすい」は机上の空論だと分かっています。

 

※海外には、足部を専門で診てくれる「足病医」(Podiatrist = ポダイアトリスト)が存在します。

「日本は海外に比べ30年遅れている」と言われるほど、足病医学についての後進国と認識されています。

さとう接骨院の解決策

さとう接骨院では腸脛靭帯炎(ランナー膝)を含めた下肢障害の根本原因を以下の方法で解決します。


1.足首の歪み
足病医が海外の病院で実際に行っている評価をした上で、必要ならインソールを作成し足首を矯正します。

他院様では徒手矯正をするようですが、これでは短期的な改善しか見込めないからです。


2.ふくらはぎが硬い(足関節の背屈制限)
原因が神経、血管、関節、筋肉、皮膚のどこにあるのかを見極め、適切な刺激を加えていきます。


3.走行中膝が内に入る動かし方(ニーイン)
関節の動きをまず出した上で、股関節外転筋群に対し運動療法を中心に行います。

 

この3つへの施術を中心に、当院独自の全身バランス矯正を加えることで根本改善を目指していきます。

最後に

仙台市泉区で腸脛靭帯炎(ランナー膝)を始めとした足の痛み、腰痛や不良姿勢など、体の悩みを本当に取り除いてくれる整骨院・整体がどれだけあるのでしょうか?

 

注射やマッサージ、電気、骨盤矯正や猫背矯正といった対症療法では根本的な原因は取り除けません。

結局また同じ症状に悩む日々になってしまいます。

 

もしかしたら「私の身体は、このまま一生苦痛を感じ続けるのではないか…」

そんな風に考えてしまっていたのではないでしょうか?

 

本当に良く耐えてこられました。

安心して私にお任せ下さい。

私はあなたの、これまでの辛さと正面から向き合います。

 

そして、絶対に諦めずにお体の悩みを、あなたと歩調を合わせて一緒に解決していきます。

 

20代ならスポーツも美容も。動ける美しい体に。

 

30代なら毎日の子育てやお仕事をもっと楽しく出来るように。

 

40代なら責任ある立場になり、お仕事にプライベートに積極的になれる内面から健康で美しい身体に。

 

50代ならこれまでの経験と知識とプライドを持って、現役の第一線で働いてもらいたい。

子育てが一段落して、楽しく遊びに行ってもらいたい。

 

ぜひ一度お試しコースを申し込んでください。

あなたの選択が間違っていなかった事を私が証明してみせます。

ご予約はこちら

お電話でのご予約・お問い合わせ

022-343-5542

022-343-5542

9:00~13:00 / 15:00~19:00

日・月曜日定休(不定休あり)予約優先制

宮城県仙台市泉区南光台3丁目19-23コーポ展1階

土曜祝日も通常営業!お子様同伴OK!

 

定休日(日・月曜日)の施術をご希望の方は事前にお電話かLINEにてご相談下さい。

できる限り対応させていただきます。

Information

さとう接骨院の基本情報|仙台市泉区の整体院・整骨院

概要

店舗名 さとう接骨院
住所 宮城県仙台市泉区南光台3丁目19-23
コーポ展1階
電話番号 022-343-5542
営業時間 9:00~13:00 / 15:00~19:00
予約優先制
定休日 日・月曜日(不定休あり)
最寄り バス停南光台3丁目徒歩1分 地下鉄旭ヶ丘駅より車で2分、徒歩11分

アクセス

初めての方はアクセスをご確認いただき、時間に余裕を持ってご来院下さい。

店舗横に専用駐車場2台分ご用意。
お着替えもご用意しておりますのでご安心下さい。

SNSで情報発信中!

  • ”仙台市泉区の整体院・整骨院さとう接骨院Instagramリンク”
  • ”仙台市泉区の整体院・整骨院さとう接骨院のLINEリンク”

仙台市泉区の整体院がお体のつらい症状を全力でサポート!

 

さとう接骨院は、関節の痛み・不良姿勢が原因の悩み・歩行障害に対する悩みを根本から改善に導く、仙台市泉区の整骨院・整体院です。

 

筋肉、骨格、自律神経、体液循環、体の重心、歪みなど、体全体のバランスを整えるアプローチで自然治癒力を高め、つらい症状を根本改善に導きます。

 

専門用語を使用せず、パソコン・タブレットの画面を一緒に確認しながら分かりやすく説明しますので、納得した上での施術が受けられます。

 

一人ひとりに合ったオーダーメイドの施術を最初から最後まで院長が責任を持って対応しますので、安心してご相談ください。

 

当院をご利用のお客様から「丁寧で無理のない施術で安心」「1回毎に痛みが和らぐのを感じた」など、多くの喜びの声をいただいており、大手クチコミサイトではランキング第1位に選ばれました。

 

仙台市で「痛くない施術を行う整体院」「評判の良いおすすめの整体院」をお探しの際は、お体のつらい症状を全力でサポートする当院にご相談ください。ご予約お待ちしております。

[文責]院長 柔道整復師 佐藤幸博
[最終更新日]2022/4/5